サロン初心者、お一人での参加歓迎。舞浜・青山 紅茶教室 E-style

■紅茶の旅のプロローグ

紅茶について学び、その魅力を感じ
それを伝える資格「ティーインストラクター」を取得しました。

その後、多くの方に紅茶の魅力を伝えようとレッスンをしてきましたが、

中でも「紅茶の歴史」は私自身、最も好きな分野であり
本や伝え聞いたことではなく

自分自身の目で見て、感じたことを伝えたいと強く思うようになりました。

イギリスは仕事やプライベートで何度も訪れたことがありましたが、

紅茶を切り口として訪れたことはなく
紅茶にまつわる史実の旅を計画することにしました。

ひとり旅の勇気はなかったので、
主人に同行してもらいました。

地図が読めない、方向音痴の私にはとても助かりました。

いつも旅行は飛行機とホテルのパックのみを
申し込む我が家。

その通りにして申し込んでから気づいたのですが、

こうした特殊な旅は
「ここと、ここと、あそこに行きたい!」と
伝えてコーディネーターに組んでもらった方がよいかと後悔しました。

その部分だけ旅行会社にオーダーしようとしても
航空券、またはホテルとのパックでしか受け付けてくれず
慌てることになります。
2~3社に断られました。

困り果てた末、トラべロコという現地在住の日本人の方に
アテンドしてもらえるサイト
を友人から教えてもらいました。

ロコのお一人、Shoko_Londonさんと日程が合わず
アテンドはかないませんでしたが、
数々の情報をいただき心強かったです。

旅の詳細が諸々全て決まったのはなんと出発前日でした。

羽田発の飛行機で。

 

千葉在住ですが、やはり羽田は便利です。出発前のワクワクしているところ♪

 

 

 

image

 

image

 


約13時間のフライトを経て、ロンドンヒースローへ。

■宿泊先

image

 


イギリスの交通事情はロンドンを中心に列車が運行していて
横の路線がないとのこと。

ロンドンを起点に日帰りで巡ることにしましたので
パディントンにあるヒルトンホテルに泊まりました。

パディントン駅は国鉄、地下鉄どちらも通っていて
ヒルトンホテルは駅から徒歩1分。
というか、駅を出たらすぐにホテルです。
非常に便利がよいです。
ロンドン市内だけではなく、あちらこちらに行く旅は
こうした立地重視の宿泊先が便利だと思います。

ただ、Wi-Fiはロビーだけでした。
主人が国際ローミングをし
テザリングで私に飛ばしてくれました。

主人からはぐれたらWi-Fiが使えないので
迷子にならないように必死でした^^

お部屋は広く、心地よかったです。

image

 

素敵なお部屋でしたが、滞在時間は寝る時だけ。

そして時差により、日本では絶対にできない超早起きに!

朝食は典型的なイングリッシュブレックファースト。

ソーセージ、ベーコン、ハム、卵料理、豆料理、サラダ、パン、
シリアル、ヨーグルト、フルーツなどなどと盛りだくさん。

image

 

イギリス特有のブラックプディングもありました。
写真の黒いソーセジがそれです。

ブラックプディングとは
血液を材料として加えたソーセージのこと。

トライしましたが、日本人の私にはなかなか合いません(;O;)

そしてミルクをたっぷりと入れて紅茶を。

ティーバッグでしたが、とてもおいしく毎朝いただいていました。

後ほど詳細を記事にしますが、
イギリスの紅茶はほぼ90%がティーバッグとして
利用されているのが現状です。

■イギリスを巡るための鉄道事情

image

 


まず国鉄

陶磁器の街、ストークオントレント、

アフタヌーンティー発祥の地ウーバンアビー、

BATH(お風呂)の語源となった街バースに行きましたが

どれもロンドンから国鉄に乗る必要がありました。

日本からブリットレールパス→★という乗り放題チケットを買えると
生徒さんから聞いていたのですが、
手元に届くのに1週間はかかるようです。

間際に申し込もうと思ったため、
こちらは断念せざるを得ませんでした。

ということで、現地の駅で購入することになりました。

イギリスの列車乗車料金はとても高く

早割りというのでしょうか、事前に買った方が安くなります。
当日買いは高くなると聞いたので
着いた日に最寄りの駅パディントンでチケットを購入しました。

写真のオレンジ色のものがそれです。

ストークオントレントはユーストンという
日本でいえば東京駅のようなところから
1時間半程列車に乗ります。

 

 

 

image

 

image

 

ということでファーストクラスに乗ってみました。
お食事がつくと聞いていたのですが、
行きに出てきたのは
パネトーネとティー、コーヒー。
コールドドリンク、フルーツもありました。

image

 


帰りは飲物だけでした。

席は確かに少しばかり広かったのですが、
たいして変わりがないのに料金が倍になるので、

ウーバンアビーとバースは2等にしました。
乗車時間も1時間くらいだったので、座れましたし問題なかったです。

列車の時間と値段ですが、
オンピークとオフピークに分かれて値段が違います。

だいたい9時半以降になるとオフピークで
値段が下がり座席指定してもオープンチケットで
どの列車にも乗れます。

その場合、座席指定のみ解除される形です。

一方、ロンドン市内を走る地下鉄ですが
本数がたくさんあり市内移動には大変便利です。

日本のSUICAのようなOYSTERカードがあり、
1日最大6ポンド50ペンスで地下鉄乗り放題になります。

私は旅行会社が準備してくれましたが、
5ポンドのデポジットで作れるそうです。

あとはチャージですが、日本語案内もあるので
安心です。

次はバスです。

こちらは市内バスと違いバースでの観光バスですが、
赤く2階建てのバスはロンドン市内でも一緒です。

image

 

中はこんな感じ。

image

 

ロンドン市内は道が混んでいるので、
地下鉄の方が早く着きます。

ただ景色が良いので、多分地下鉄で行けば15分のところを
1時間ちょっとかけてバスに乗って巡ってみました。

そのぐらい中心部は時間がかかります。

観光には楽でよいかと思います。

車窓から。

image
 ビックベン。

 

 

image

テムズ川。 

 

 

 

 

 

image

ヴィクトリアタワー。

 

 

image

ハロッズ。

バス以外はグーグルで検索すれば、イギリス国内の
移動の仕方がわかります。

 

 

image

 

 

image

こんな感じの表示です。

テロの心配さえなければ、イギリスは治安がよく
自分たちで周ることができると思います。

私たちも危ないと感じたことは、旅行中一度もありませんでした。

車窓からは、馬や羊の群れが見えました。
が、あっという間に通り過ぎる感じです。

image

駅に到着!
ジョサイア・ウエッジウッドが出迎えてくれました。

 

 

image

 

手にはポートランドの壺が。

そこからポッタリーズミュージアム&アートギャラリーに向かうハズが、
違う情報を見てしまい、
何故かポッタリーズショッピングセンターに行ってしまいます。



image

バスに乗ったのがいけなかった。
もうびっくりでした。

素直に駅からタクシーに乗るのがおすすめです。

本当はここに行きたかったんです。
(ユートラベルからお写真お借りしました)

 

博物館外観

ロスタイム1時間。

結局ミュージアムは諦めて、ウエッジウッドのファクトリーにタクシーで。

image

広い草原に建っているファクトリー。
タクシーは時間を決めて迎えに来てもらうのがよいと思います。

ミュージアムと工場、ショップがあります。

ミュージアムはお写真OKでしたが工場見学は
NGでした。

image

 

image

 

 

 

image

 

image

 

ジャスパーの色見本も。

image

ウエッジウッド広報の方が、新しいデザインを考える時に
古いデザインにヒントがあると言っていたのを思い出しました。

たくさんの作品がありました。

工場見学にはガイドがついてくれるのですが、
英語のみです。

同行した方々は専門知識がある方が多いようでした。

質問もたくさんしていて、職人さんから道具を借りて
しげしげと眺めていらっしゃいました。

日本語は館内に貼ってある
「お手を触れないでください」のみでした(^^;

ティールームではやはりミルクをたっぷり入れて
紅茶を飲みました。

 

 

image

 

 

image

もちろん、ウエッジウッドの食器が使われています。

ショップでは素敵なものがたくさん販売されていました。

image

 

 

 

image

インスタで紹介しましたが、私が買ってきたティーカップはこちらです。

 

 

image

このオレンジのものです。
カップ&ソーサーとデザートプレートのセット。

4 for 3というのを見逃しませんでした。

3セットのお値段で4セット買えるということ。

日本に送ってくれますが、送料で
もう1セット買えるお値段でしたので
持ち帰りました。
まぁ、重かったです(笑)

アウトレットショップもありました。
ウエッジウッド以外のものも販売されています。

 

 

image

 

image

 

image

 

image

びっくりする程お安いお値段です。

重いのでアウトレットはやめました。

こんな素敵なフィギュアもありましたよ。

 

 

image

 

 

image

お庭にはティーカップやポットのオブジェがありました。

 

 

image

 

 

image

あっという間に時間がすぎ、
今回はウエッジウッドのみでロンドンに帰りました。

他にもスポード窯があるようです。

宿泊し、ゆっくり回られるのもよいかと思います。

ロンドンに比べて肌寒い気がしました。

行かれる際には、少し厚着をされたほうがよいかもしれません。